ご挨拶

自身を持って日々精進

めぐりとまとは農業大国である豊橋の南部、太平洋に面した気候の良い土地でトマト栽培をしています。

2017年でトマト栽培を始め30年が経ちました。これまで高い水準を維持したトマトの栽培を行うなかで、思い通りにうまくいかないことが多々ありました。

人の思いと努力が形となる

それに加え農業とは多くの人の手を借りなければ成し得ないものです。私も若い頃から多くの人の想いと努力が形となって品質の良いトマトを作り続けていく事ができました。故に何処にも負けない美味しいトマトだと自信を持って日々精進し、栽培しております。

代表取締役 伊藤 充治

めぐりとまとのあゆみ

昭和63年就農と同時にミニトマト栽培をはじめる。30a
ミニキャロル
サンチェリーエキストラ
千果
ラブリー藍
SP小鈴などを作る
平成18年イエローミミ 試験栽培をはじめる
平成19年思い切って全てイエローミミのみの栽培にチャレンジ
ハウス増設(12a)ハイワイヤーの養液栽培をはじめる
プロファインダー(ハウス内環境の見える化)導入により、裂果のメカニズムをミニトマト部会「あまえぎみ研究会」で解明することで増収
平成20年すべてのハウスを土耕から養液栽培にする
平成25年ハウス15a増設
プロファーム(Denso)統合環境制御導入
平成26年ブラッディタイガーをつくる
平成27年グリーン・クレアの栽培をはじめる
プロファーム 2台目導入
平成28年クレアレッド・クレアオレンジの栽培をはじめる
ハウス32a増設と共にプロファーム3台目導入
平成29年1月株式会社めぐりとまと設立
平成29年7月JTS(トマト栽培)とコンサルタント契約
平成30年10月ブランド販売開始